文章の、句読点とか、接続詞などについての話などをします

文章を、読むときに、句読点などを、ちゃんと入れた方が、読む側からしてみても、読みやすいと、思います。逆に、それがない状態の、文章であると、読めない事は、ないのですが、どうしても、読みにくかったりしてしまいます。句読点の、入れ方として、文末なども、ありますが、文章の途中の、区切りとする、きりのいいとこなどで、入れてみたりもしています。文章の長さなどに、より入れなくても、良い場合もあるのかもしれませんが、あるとしたら、その場合短い文章の、場合などが、正論であると、思います。接続詞に、ついての、話に、なりますが、接続詞とは、何々のとか、だとか、と、とかそういうものに、なります。英語だとandとかに、なりますが、そういったものも、あることで、長い文章に、対してなら、もちろんあった方が、良いと思います。句読点などとは、意味が違い、文章において、やはり文章の、文法とか、単語とか字が、大切であるのは、もちろんですが、接続詞なども、あった方が、もちろんより良いと思います。