久しぶりにびっくりドンキーに行ってきた。

今日の夜、久しぶりにびっくりドンキーに行ってきた。
いつも不思議に思うのだが、何でメニューはあの木の板なんだろう?
ゆっくりじっくり悩ませない作戦なのかな?
まぁ、いいか。
いつものように、レギュラーバーグディッシュを頼む。
なぜかいつもディッシュ系を頼んでしまう。
びっくりドンキーのハンバーグ自体は極めて普通なのだが、ハンバーグから出た少しの油が、同じお皿の中にあるご飯に染みて、何とも言えない美味さを作り上げるのには、毎度の事ながら感動してしまう。
そしても一つ、忘れてはならない存在がある。
それは、味噌汁だ。
行く度に具が変わるので、飽きずに毎回食べれるが、たまにハズレがあるのが残念だ。
今日の味噌汁は、ふわふわ卵と野菜の味噌汁で、まぁ及第点だった。
この後、調子に乗って、イチゴパフェを食べようかと思ったが、財布とメタボと相談して我慢する事にした。
てな訳で、本日のびっくりドンキーは、いつもと変わらない安定感であった。

プレートのことについて演習をしていました

プレートについて演習をしました。高熱のマントル物は海嶺でわき醸し出し、冷えてかたいプレートになります。大陸も海洋下も、プレートとして地球の偽りを移動してある。地球の偽りは、8つの有力プレートとその他のちっちゃなプレートに分けられてある。プレートの境界には、プレートが共に両側に動きし離れて行く(拡大する)境界、プレートが共に近づいてくる(収束する)境界、およびプレートが共にすれ違う境界があります。海嶺はプレートが生まれる場であり、拡大する境界だ。大西洋センター海嶺では、新しくできたプレートが東西に移動して海洋下が拡大し、大西洋は徐々に広がってある。アイスランドは大西洋センター海嶺の上にあり、ギャオはそのためにできた破れだ。プレートが収束する境界に沿って、ちょくちょく海溝ができてある。そこでは、一方のプレートが他方のプレートの下に斜めに沈み込んである。知らないことを知れて良かったです。脱毛ラボ 料金 スピード